エステでスソワキガは治せるか!?

自分でいろいろなケアを試してみても、スソワキガがどうしても改善しない・・・という場合は、「プロの手を借りる」という最終手段を選ぶことになります。
あなたなら、どんなプロを選びますか?

 

「エステはエステティシャンが気さくで話しやすいから、美容外科などよりも身近で利用しやすい」ということで、スソワキガの対策をエステでやろうと考える人もいますが、それって本当に良い選択なのでしょうか?

 

エステのスソワキガ治療はおすすめできない!

さて、結論から言うと、スソワキガを本気で改善したいのであれば、エステでの治療はおすすめできません。

 

なぜなら・・・

 

現在、エステで行われているスソワキガ治療は、ごく簡単に言うと「毛穴や皮膚に針を刺して電流を流し、その電流の威力でアポクリン汗腺を破壊・停止させる」というスタイルの治療法が主流です。

 

この治療法は「電気分解法」や「電気凝固法」というもので、本来は脱毛目的で使われるのですが、スソワキガのニオイの主原因となるドロッとした汗を出すアポクリン汗腺は毛穴の中に分泌口を持っているので、理屈的には「毛穴にダメージを与えれば、そのダメージがアポクリン汗腺にも伝わるので、スソワキガの改善・消滅に役立つ」ということになります。

 

ですが、実際にこの治療をやってみると、一時的にはスソワキガのニオイが改善されることも多いものの、そのほとんどは、時が経つにつれて、治療効果がなくなっていってしまうんですよ。

 

なぜ、そんなことになってしまうのでしょう?

 

エステでの治療法の落とし穴

エステで行う「毛穴や皮膚に針を刺して電流を流す」というスソワキガ治療の効果が、なぜ一時的なもので終わってしまうのかというと・・・これらの治療では「アポクリン汗腺の完全な破壊にはいたらず、毛穴の入り口にダメージを与える程度にしかならない」という可能性が高いのです。

 

エステは麻酔を使えませんので、針を刺す際の苦痛が大きいため、そんなに太くて強い針を刺すわけにもいきませんし、ましてや、エステティシャンは「針を刺すという、医療行為レベルのことについては素人」と言わざるを得ません。

 

もちろん、「アポクリン汗腺は一時的にしか止められなくても、毛根は破壊できたのでデリケートゾーンの脱毛には成功した」という結果が出れば、陰毛による雑菌の繁殖が減る分、少しは効果が出ると言えるかもしれません。

 

ですが、デリケートゾーンの雑菌繁殖は、陰毛だけが原因ではないので「あくまで、多少マシになる可能性がある程度」ということになります。

エステでスソワキガを治療関連ページ

スソワキガの臭いはデリケートゾーンをしっかり洗えば消える?
スソワキガの臭いが発生するのはデリケートゾーンをしっかり洗ってないから、と勘違いしている方もいるのではないでしょうか。しかし、実はスソワキガはキレイに洗えば臭わないというわけではないのです。