いつものお風呂にひと工夫でスソワキガ軽減!

入浴時のちょっとした工夫で、スソワキガをほんの少し軽減してみませんか?

 

日々のスソワキガ対策に加える「プラスアルファの軽減法」として、ぜひ覚えておいてください!

 

入浴20〜30分前にスポーツドリンクを飲もう!

まずおすすめしたいのが、「入浴の20〜30分ほど前に、スポーツ飲料を飲んでおく」ということです。
なぜこれがおすすめなのかというと、「入浴時にしっかり発汗させて、できる限りのデトックスをする」という目的があるからです。

 

スポーツドリンクを飲む理由は、サッと体に吸収されやすい成分構成であるため、ただの水より体になじみ、その後の発汗につながりやすいからです。

 

ちなみに、入浴で汗をかくために「お風呂に入る直前に水を飲む」という人が居ますが、これだとタイミングが遅すぎます。
湯上りに汗が噴き出してしまうことにもなりかねませんので、注意しましょう。

 

消臭効果のある石けんやボディソープでやさしく洗おう!

スソワキガが気になる人は、どうしても「ニオイを消すためのゴシゴシ洗い」をしてしまいがちですが、それでデリケートゾーンの肌を傷めてしまっては元も子もありません。

 

デリケートゾーンは、消臭効果のある石けんやボディソープを、泡立てネットできめ細かくしっかり泡立ててから、「前から後ろに、泡をすみずみまで行き渡らせる意識でやさしく洗う」というのがポイントです。

 

湯船のお湯に消臭・雑菌繁殖抑制効果をもたらそう!

湯船のお湯にひと工夫して、「湯船のお湯で消臭や雑菌繁殖の抑制ができるようにする」というのも、かなり効果的です。
湯船のお湯なら、デリケートゾーンのすみずみにまで行き渡りやすいですからね。

 

そのためにおすすめなのが、麦飯石(ばくはんせき)やリンゴ酢です。

 

どちらも、今あるニオイの消臭&雑菌繁殖抑制の作用が期待できますよ。

 

麦飯石風呂は、麦飯石を3〜5kgぐらい、布袋や丈夫なネットに入れて湯船に沈め、30分ぐらい置いてから入浴すると効果的です。
大量の麦飯石が必要なことが欠点ですが「入浴後に干して乾燥させ、月に2度ほどしっかり洗って天日干しすれば、繰り返し、かなり長く使い続けられる」というメリットもありますよ。

 

「繰り返し使えないけれど、手軽にできる手段」というならリンゴ酢。
市販のリンゴ酢をコップ1杯、湯船に入れるだけでOKです。

 

お風呂上がりの発汗を止めよう!

入浴できれいに洗って、汗をかいてしっかりデトックスして、消臭&雑菌繁殖抑制効果のあるお湯に入って、これでカンペキ!と言いたいところですが、スソワキガの人にとって大敵なのは「お風呂上がりの発汗」です。

 

これを抑えるためには、水をつけて軽くしぼったタオルを、首回り・脇・デリケートゾーンに当てるのがおすすめ。
この3カ所を冷やすと、お風呂上がりの発汗をかなり抑えることができますよ。

お風呂タイムでスソワキガ対策関連ページ

生理中の対策
生理中は経血の影響で、より臭いが発生しやすい状態になります。ですから生理中はいつもよりも気をつけて臭い対策をしましょう。
下着選び
直接身につける下着をこだわって選ぶことはスソワキガの臭い発生対策になります。どんな下着がいいか、このページで紹介します。
おりものシート
下着ににおいをつけないためにも、おりものシートを常用している方も多いのではないでしょうか。ここではにおいを悪化させないためのおりものシートの選び方について解説します。