なぜ発生する!?スソワキガの、あのニオイ!

スソワキガは「よりにもよってデリケートな部分から、何とも言えない嫌なニオイがする」というやっかいなものですが、そもそも、あのスソワキガ独特のニオイって、なぜ発生してしまうのでしょう?

 

ここではそれについてご説明しましょう。

主原因はアポクリン汗腺からの汗!

スソワキガのあのニオイを発生させる主原因として挙げられるのが「アポクリン汗腺からの汗」です。

 

人の汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があるのですが、エクリン汗腺が「99%以上が水でできているサラッとした汗で、あまりにおわない」というのに対して、アポクリン汗腺からの汗は「脂肪・たんぱく質・糖質などをはじめ、さまざまな物質が濃く含まれているドロッとした汗でニオイが出やすい」という違いがあります。

 

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の差は、それだけではありません。
エクリン汗腺は汗腺独自で「皮膚への出口」を持っていますが、アポクリン汗腺は、毛穴の中につながる形で分泌口を持っている、つまり「汗の出口と毛穴が一緒」という状態なのです。

 

ちなみにアポクリン汗腺は、脇の下が一番多く、それ以外にも耳、乳輪やデリケートゾーンに多く分布していますが、脇の下を除いて考えると、基本的には「体毛が多いところはアポクリン汗腺が多く活発になりやすい傾向がある」と言われています。

 

ですから陰毛がたくさん生えているデリケートゾーンはまさに、アポクリン汗腺が多く、ニオイが出やすい場所のひとつになってしまうわけですね。

 

ちなみに、アポクリン汗腺から出る汗がにおう、と言っても、実は、汗が出た直後からいきなり強烈なニオイがするわけではありません。
むしろ、無臭に近いレベルです。

 

ところが、アポクリン汗腺から出た汗が皮脂や雑菌と混じることで、分解時のニオイや雑菌繁殖によるニオイが発生し、これがあのスソワキガ臭となるのです。
デリケートゾーンは特に蒸れやすくて雑菌繁殖しやすい場所、という点も、困りものなんですよね。

 

エクリン汗腺もニオイを強くする原因になる!

アポクリン汗腺と違って、99%以上が水分でできてサラッとしているエクリン線は「スソワキガのニオイとは関係ない」と思われがちですが、1%未満ながら不純物は含まれていますので、こちらも蒸れて雑菌繁殖すれば、「汗臭さ」など、それなりのニオイは発生します。

 

また、アポクリン汗腺から出た汗とエクリン汗腺から出た汗が混じると「サラッとして広がりやすいエクリン汗腺が、ニオイの元を広範囲に広げてしまうため、広範囲にスソワキガのニオイが広がってしまう」という問題も出てきます。